読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zentotanan

クラゲのように泳いで生きたい

いかにして姉は宗教の餌食になったのか

姉は昔から思い込みが激しくて自分だけが正しく世界は自分で回っていると思っていた。

 

歯向かえば暴力、友人もいじめていた

私はひっそりと影に隠れて生きていようと思った。

そんな姉がカウンセラーと言う人に出会ったらしい。何百万円とつぎ込み。

それは、正しかったか?

一度だけ私が姉に楯突いたことがあった。

結婚して数年ぶりに実家に帰った私はリビングで椅子に腰掛けた。その瞬間、その椅子はいつも私が座ってんだから座るな!!といったのだ。彼女はすでに結婚して出ていったものの、旦那に、別居を言い渡され

実家へ出戻っていた。は?と思い、あんたもう、家出たんだし何戻ってきてんの?さっさと自立したら?と私は、言った。

で、気分が悪いから帰るわといって、出ていった。もうアホとしか思えない。

そしたらお母さんがあんたのせいでおかしくなったとか抜かしたから、それはオメーのせいだろうがっていったら自殺するかもとかいいだした。

ゴキブリのような精神の人間が自殺なんてするわけがない。あんなにぶくぶく太って。

 

それからカウンセラーになるといって、詐欺まがいのことをしだした。

自分の事も分からないけど馬鹿な姉に成り果ててしまった。

彼女のブログを読んだが、誤字脱字ばかりで話にならない。人を救ってるとか言うけど、お金取って商売してるだけで、あることないことハッタリばかり書いていい加減にしてほしい。私の事も勝手に書くならこちらに許可取って筋を通せ。商売のネタとして使うなら金を払え。

まぁ自分の妄想だけで生きてる人っていますよね。私の、一番嫌いな人種になってしまったんです。

この続きはまた今度

 

完全教祖マニュアル (ちくま新書)

完全教祖マニュアル (ちくま新書)

 
元刑事が教える ウソと心理の見抜き方 (アスカビジネス)

元刑事が教える ウソと心理の見抜き方 (アスカビジネス)

 
毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記