読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zentotanan

クラゲのように泳いで生きたい

性犯罪からの脱出3

色々ありすぎて書ききれないけど、

付き合ってた彼氏ががレイ○っていうのもあった。ゴムをつけてくれなくて

つけてって何度言っても平気、へいき。こいつはマリファナもやってたし、あたしにも勧めてきた。

あたしはそういうの大嫌いだから別れた。

でも妊娠して、堕ろした。一番人生変えたこと。

こういう男は反省しない。期待は無駄。

だから私は男に期待しないし、ある時期からものすごく見下すようになった。

どこかで愛情求めてたし、本当の意味で愛されたかったけど無理だとわかっていた。

 

男は自分を、性的対象としてしかみない。

 

新宿とかのひとごみでも、すれ違うとき胸を揉まれる。背が小さいから誘拐されそうになったこともある。

 

本当に生きるの大変。

でも、ふと思ったことがある。

自分はこの宇宙に産まれて、

死んだらもうそんな目に合わなくてすむ。

宇宙になれると。だからそれまで頑張ろうと。

とにかく、男に、期待するのは時間の無駄。

誰もが自己中で、それは自分も同じで、

手を取り合って生きていくなんて考えられないとある時きめた。

なのに、いまはそうしている。

男はクソだと信じて、実際そうだと分かって安心した。

あぁ、やっぱり自分は間違っていなかった。

悲しいようだけどそれが本質だ。

男はバカだ。死んでも害のないものだ。

そんなことを自分が、信じることで生きていく道が開けた。

自分という人間と付き合っていくことができるのは、旦那も含めて男性という性をもっていない生き物だけなのだ。

だから、旦那が女装していると、知ったときには正直ほっとしたところがあった。

とにかく、支配されない生き方をしたい。

そう、誓った日から男性というある種の人間を自分の中から排除した。

そうしたらものすごく楽になった

 

文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫)

文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫)

 
他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

 
理想の世界「公正時代」

理想の世界「公正時代」