読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zentotanan

クラゲのように泳いで生きたい

ガンディーについて学ぶ

インドはイギリスから独立するために

頑張ってきた証が未だにあります。

サルナートジインも彼らの残したアグラ像も

なんやかんやで、壊されてしまいました。

私達は普段から喧嘩や物事を何でも誰かのせいにしたり、人のこうきのめに晒されることが恥だと感じたりします。

自分のやるべき事が人に阻害されてると感じた場合、欲を満たせない場合人に攻撃します。

ガンディーの生き方は無抵抗主義であり、

私達のように欲のある不完全なものへ

非常に現実的に平和や平等の真理をつきとめたものです。

塩の行進はあまりにも有名で、

彼は刑務者をお寺だと考えました。

私も同じように彼らと同じような平和を求めるために更なる知識と努力をしていきたいものです

 

ミャンマーで尼になりました

ミャンマーで尼になりました

 
アジア古寺巡礼

アジア古寺巡礼