読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zentotanan

クラゲのように泳いで生きたい

友達がほしい

本当は心を開きたくて
でも自分に課した重荷やプライドや、いろんな枷が邪魔して友達を作らなかった
心を開かない、開けないようにしていた
本当はみんなと仲良くしたい
私は人とは違うとか、一緒にされたくない、とか特別に思ってほしいとかそんなことばっかり思って、自分だけは特別っていうことを証明したくてしゃかりきになってた。
音楽もそんなアクセサリーだったのかもしれない。あんなくだらない人たちと一緒になりたくないとか、もっと違うことができるはずだとか、自分の特別感を頑張ってだしてそれを認められるようになりたかった。
結果、自分を追い詰めて追い詰めて何もできなくなった。おそろしくなった。
いきていけなくなった。
明るくなりたい、みんな、私を利用するとかどうして結婚したらそれっきりなのかなぁとか思っていた。
yちゃんは本当に私の暗い部分も聞いてくれて、そういう部分に向き合ってくれた。
レディガガもレイプされptsdに苦しんでいた。だけど、ああいう開けた活動をすることで愛を探しに行ったのだ。
それが羨ましい。自分も、愛を探す夢を実現させたい。彼女はゴキブリにまみれながらも曲を作っていたときいた。
それくらいエネルギーを注がないとだめだったんだ。才能ある人でさえ。
明るくなりたい、無理に友達を作らなくてもいいと思う。引き寄せなくても。
レディガガはそういう底辺を知っているからこそ人に優しくできるのだ。
心を開きたい、心を開きたい
もっと自分を理解してあげたい
ストイックにしなければという幻想はいらないのかな。
学生時代の友達?AちゃんとかHちゃんとかメールくれてたんだよね。
友達?私は友達を選んでいいのか、
子供産まれるまでは無理かなと思ったりしちゃう。Fbも好きじゃない。人のお祝いは散々したし祝ってもらうこともなかったし。お金を払うばっかりで嫌だから付き合いをなくしたんだ。思い出してみたら色んな人が友達としてコメントをくれたりしてたんだね。
拒否してたのは自分なんだよね。

 

 

学校では教えてくれない大切なこと 6 友だち関係(気持ちの伝え方)

学校では教えてくれない大切なこと 6 友だち関係(気持ちの伝え方)

 
友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法

友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法