読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zentotanan

クラゲのように泳いで生きたい

生理痛で鎮痛剤を飲みたくない 天然の成分とは?

生理痛が昔からひどく子宮内膜症子宮腺筋症と診断されかなり毎月しんどい思いをしてきました。

痛み止めの飲み過ぎですでに効かなくなってきたり胃潰瘍になってきたりしてロキソニンを飲むことすらきつい状況が続きました。

そんな時天然の痛み止め鎮痛剤があると知ったのでメモります。

 

天然の痛み止め

何よりもまず最初にしなければならないのは、体の痛みのシステムを尖らせているジャンクフードをやめることです。

現代の欧米的な食生活は高度に精製された食品、砂糖や精製炭水化物から構成されており、果物や野菜、未精白の穀物などが欠けていて、医薬品以外の痛みを抑える治療法の効果の妨げとなるためです。

それができたら、本当に効果のある数多くのハーブを頼りにすることができます。痛みには、60種類以上の鎮静作用のあるエッセンシャルオイルも使うことができます。鎮静(Analgesic)効果がある、というのは、痛みを取り除いたり、軽減させることが確認されている物質という意味です。痛み止めの効果のある植物は非常に数が多く、次にご紹介するのは、天然の痛み止めになるもののごく一部にすぎません。

しょうが、ウコン、バジル

この三種のハーブは、アーユルヴェーダの薬の三つの神器のような存在です。三種ともに抗炎症性の効能があります。インディアナポリスにあるメソジスト研究機関によると、(カレーの材料の)ウコンには、関節リウマチや乾癬といった炎症による症状を軽減するクルクミンが含まれているということです。

デビルズ・クロー

実際には、肝臓疾患や胸焼けなどの様々な症状の治療に素晴らしい効力があります。

また、抗炎症性の効果があり、関節炎や頭痛、腰痛などの痛みを和らげることがあります。メリーランド大学医療センターは、この悪魔のかぎ爪というハーブを用いた変形性関節症の治療を大成功させており、それに関する研究結果を複数発表しています。

樺(かば)の木の葉

内分泌疾患や関節炎、(全身性)紅斑性狼瘡、皮膚疾患、自己免疫疾患、その他もっと様々な疾患の治療に用いられているコルチゾンという処方薬によく似た効能があります。

カバノキの葉に含まれる主な化合物はサリチル酸メチルで、これはアスピリンに用いられているサリチル酸によく似ています。

カバノキの葉は、これまで使われてきたものの中でも最初の強力な痛み止めなのです。

ウィンターグリーンのエッセンシャルオイル

自然の痛み止めの中でも、ウィンターグリーンのエッセンシャルオイルにはアスピリンに含まれる化合物であるサリチル酸メチルが85~99%、含まれています。

ホワイトウィロー

これは体内でサリチル酸に変わります。この木の樹皮は、ホルモン状の化合物で、痛みや炎症の原因にもなることのあるプロスタグランジンのレベルを下げてくれます。

さらに、処方箋なしで買える多くのアスピリンのように胃を荒らしたり、内出血の原因にはなりません。

唐辛子に含まれているこの天然の薬効成分は、痛みに素晴らしい効果があります。

痛みを抑える有効成分であるカプサイシンは、一時的に疼痛反応を起こすC線維と呼ばれる神経受容体を鈍化させます。

カプサイシンはC線維が感覚を取り戻すまで3~5週間の間、痛みを減少させます。

神経障害性の痛みを持つ患者に、60分の塗布を一度行った際には、最高で12週間の痛みを抑える効果を発揮しました。

ガンマリノレン酸

ガンマリノレン酸は、多数のシードオイル(種子から取れる油)に含まれています。

γ-リノレン酸を多く含む食品(可食部100 gあたり)
あさ(乾)あさ(乾) 140 mg
ぼら(からすみ)ぼら(からすみ) 130 mg
くじら(本皮、生)くじら(本皮、生) 96 mg
鶏卵(卵黄、乾燥卵黄)鶏卵(卵黄、乾燥卵黄) 64 mg
にしん(くん製)にしん(くん製) 60 mg
くじら(うねす、生)くじら(うねす、生) 52 mg
たいせいようさば(焼き)たいせいようさば(焼き) 52 mg
たいせいようさば(水煮)たいせいようさば(水煮) 52 mgあゆ(養殖、内臓、焼き)あゆ(養殖、内臓、焼き) 52 mgたいせいようさば(生)たいせいようさば(生) 46 mg
鶏卵(全卵、乾燥全卵)鶏卵(全卵、乾燥全卵) 42 mg
さんま(缶詰、味付け)さんま(缶詰、味付け) 41 mg
まさば(加工品、しめさば)まさば(加工品、しめさば) 41 mg
まいわし(かば焼)まいわし(かば焼) 41 mg
あゆ(天然、内臓、生)あゆ(天然、内臓、生) 36 mg

サクランボ

「サクランボ(に含まれるアントシアニン)は、アスピリンやナプロキセン、その他の非ステロイド系の抗炎症剤とまったく同じように炎症を抑え、痛みの酵素を阻害します」―Muraleedharan Nair博士

アクアミン

赤い海草から採られたアクアミンにもまた、痛みを抑える強力な効果があります。栄養学の専門誌Nutrition Journalに発表された研究によると、70人の被験者のうち、アクアミンが与えられたグループは一ヶ月で関節痛の痛みが、プラセボ薬を与えられたグループと比較して20%低下し、筋肉のコリが軽減しました。

アルニカ

出典caranome.com

これはヨーロッパの花から作られたもので、炎症を抑える効能がありますが、この植物の本当の薬効作用の性質については依然として未知のままです。

.ペパーミント

ペパーミントは、歯痛や胃もたれやガスが溜まった不快感、関節の症状、皮膚の炎症、頭痛や筋肉痛などの自然の薬としてよく用いられています。

 

生理痛はプロスタグランジンが分泌するため痛みがひどくなるのでホワイトウィローを試して見たいと思っています。感想はまた書きます。

 

DTWフラワーエッセンスホワイトウィロー

DTWフラワーエッセンスホワイトウィロー