zentotanan

クラゲのように泳いで生きたい

相談するなら金をくれ。人間関係も断捨離しよう

今までの人との付き合い方を変えた

 

小さい頃姉の言うことをきかなければ もれなく暴力がふるわれた

そんな毎日だったために、体の隋の髄までむしばんだのは

yesということ。

この性分に随分トラブルもあったが、先輩に可愛がられることも多かったように思う。

 

しかし、これは本来の意思とは反対に自分の道が逆方向にいったり、時間を潰されることに気づいていた。

しかし、そのあとの報復が怖かったのだ。

 

幼い頃に植えつけられた記憶というのは、覆すのにかなり勇気がいる。

アダルトチルドレン という人もいるだろう

 

友達との時間はかけがえのないものだ。

人が話す内容

人が話したい内容

全部理解してあげたい、そんな性格は正直かなり疲れる

「もう聞きたくない」がどうして今までいえなかったんだろう

 

拒否する権利だってある。

友人たちは私にたくさん相談事を持ち込んでくる。

猫が逃げた時も、友人は気にせず自分の愚痴を話す。

 

その内容はだいたい彼の愚痴だ。

私が入院した時も、どんな時でも彼の愚痴

「もう聞きたくない」

誰だって愚痴くらいある。言いたいのもわかる。私だって聞いてもらいたいことがある。

でも、もうゴミ箱にされるのはごめんなんだ

 

友達は選んだほうがいい。というより、自分が意思を持ってはっきり伝えるべきなんだ。それが当たり前で、それをしても誰からも咎められることはないのだ。

 

友達のはけ口で失った時間も、これまでの気づきによって、取り戻せばいいことだ。

この世界には宝物がいっぱいある。

それを拾うことが人生だ。

 

もう人の愚痴や悩み相談にはうんざりだ。私をみつければ悩みを聞いて欲しいという人がおおい。本人はアドバイスをしても、聞く気なんてないのに。

本人は心にもう決定しているのだ。ただ聞いて欲しいだけ。

 

そういうものに付き合うことは無駄だよね。

みんな、時間は有効に使いましょう。

 

そして、昨日も違う友人からLINEがきた。私が入院した時、お見舞い行く行く詐欺の友人で遊ぶ約束をしても、当日キャンセルばかりの人。

彼女は不倫のあげく離婚して、自由な自分が好きといった感じの人生を送っていた。

そして、「いろいろあって、一人になってみてよく考えたら、あなたは私がお店を開業した時も唯一お花を送ってくれた人、話もだまってきいてくれて一番良い友達だと思った。」とともに数ヶ月ぶりに連絡が来たと思ったら。

「昨日彼と喧嘩してとても落ち込んだ。悩みを聞いて欲しい」という内容だった。

またかよ。

即ブロックした。

いいかげんにしてくれ。もう私は愚痴や悩みのはけ口ではない。あんたらのゴミ箱にするなら金をくれ。少しはこちらのストレスにも気づいたらどうなんだ。

一生無理だろうけど。

彼と喧嘩して落ち込んだ?彼が自分の思うようにしてくれない?知ったこっちゃないわ。とりあえずお前の自己中な性格を直して思いやりを持って彼と接してみろ。

あほちゃうか

悩み相談するならもっと有意義な内容や、切羽詰まった内容にしてくれよ。

電話占いでもなんかしてお金を払って話を聞いてもらえ。

私に対しても同じだ。相談するなら金をくれ。もうあなたからの愚痴や悩み相談は受け付けません。これからは1分300円にしますのでよろしく。

学校では教えてくれない大切なこと 6 友だち関係(気持ちの伝え方)

学校では教えてくれない大切なこと 6 友だち関係(気持ちの伝え方)

 
トモダチゲーム 劇場版
 

 

レイプ されたことがある人への対応 男性に配慮してほしいこと 知ってほしいこと

レイプ された経験のある人がもし近くにいない場合でも傷ついている人は知らないだけでたくさんいるんです
気が付いてほしいのです。
男性からはあまり理解してもらうのは難しいかもしれません。
 
経験者である私が伝えたいことは、男女は違うもので男性は欲がたくさんあって、女性がそれを受けるものという図式をいまだに勘違いしている人が多いことに大変驚き、それをほんの少しづつでもいいので変えて生きたいと思っています。
 
まず言いたいのは、女性としてではなく人間として扱いましょう。お互い一人の人間です。男女は違う生き物とはいうけれども、相手への配所や思いやりをもつという意味では男女もなにも関係ありません。
もし、ちかくにいる女性がレイプ されたことがあってもなくても
その人の前で軽々しく性に関連する話はしないこと。
 
ほとんどの世の中の男性は理解しずらい内容かもしれません
 
自分は10代の時レイプされて子供を失った経験があり人生の大半をPTSDと共に戦って過ごして来ました。レイプ 以外にも同じような恐怖体験がいくつも数え切れないくらいあります。
そのほとんどが、男性の欲求による被害でした。 PTSDは事件に関連する物、言葉、場所などをきっかけに、フラッシュバック(当時の感覚がそのままの恐怖として体感する)になり扁桃体などに影響し、脳が炎症し萎縮するものです。記憶障害や過呼吸など様々な症状があり、脳のダメージにより生活が困難になります。精神的なで強さでコントロールできるものではありません。それに耐えられず死んでしまう人もいます。
私は今まで周りの助けもありなんとか生きてきましたが、ちょっとしたきっかけで、悪気はないのは分かっているのに、頭の中では、たくさんの当時の記憶やらが繰り広げられています。なぜ世の中は男性は女性を支配したい人が多いのか。(これはちょっと強調するために書いてるだけで差別的にきこえるかも。ここではそういった言い方をしていますが実際には人間は基本的には支配欲がありますよね。)なぜ女性は男性の欲の餌食にならなければならないのか、なぜ無差別事件は女性が狙われるのか(誰でも良かったという相手は必ず女性だ。本当に誰でもいいなら警察官を刺してみたらいいだろう)どうしたらこの世界で女性は男性から身を守り安心して暮らせるか。防犯スプレーは所持してはいけない。拳銃もダメ。護身術は役に立たない。考えても解決できない。ならば全員が認識を変えて行くしかない。世界のルールや価値観なんて簡単に変わるのに。なぜ男女の価値観は平行線なのだろう。脳の仕組みって言ったって、概念そのものを変えればいいんだけどなぁ。あの時はどうしなければいけなかったのか。なぜ自分を守れなかったのか。なぜ子供を助けられなかったのかという今までのたくさんの経験などがずるずると芋づる式に蘇ります。関連したニュースを見るたびにまた悲しくなり、苦しくなり、さらに最終的なくなったしまった命についてや自分を守れなかった非力さを責めつづけ2~3週間ほど無気力になり起き上がれなかったり、怒りと悲しみで全身が震えて気を失ってしまうような日が何日か続くのをやり過ごさなければなりません。それをこの人生でずっと繰り返しています。根本的な解決は、薬での治療でもなく、連想する 場所 人 こと 話 もの に近づかず生活することです。でも、それでは引きこもるしかないです。これからもできれば誰かと一緒に普通に過ごしたいです。うまく説明しようにも、その前に脳がフリーズして、伝えることもできません。できるだけ話題を避けることに協力してもらいたいのと、世の中にもっと認知できればいいです、デリケートな内容なので、心ない返事をする人もたくさんいるし、無神経な返事にさらに傷つくことがあるので怖くてなかなか話すことができませんでした。。聞いてもらえない事も多いです。理解しづらいかもしれませんが、この話をすることで少しでも世の中にこんな事例があると分かってもらいたいという気持ちで伝えました。
 
引き起こすきっかけは本当にどこにでも転がっていて、その度に症状が起こりなんとか生きて来ました。自分はもう外に出ない方がいいかと思ったり、今でも思っています。そういう経験が多かったせいもありますが他の人よりも関連するものに対し過剰に反応して硬直してしまったり、その瞬間に脳がシャットダウンし日常も非常に生きづらいですが、周りに理解者が数人でもいれば自分も心強く安心して暮らせる日がくるのではと希望も捨てたくないです。根深い問題ではありますが、自分でも様々な治療を試みてきましたが自分の力だけでは限界があります。周りの協力があればもう少し普通にいられるかなと思います。平和な世界になるよにそうできたらいいなと思っています。
 

 

1日10秒マインドフルネス

1日10秒マインドフルネス

 
メンタルが強い人がやめた13の習慣

メンタルが強い人がやめた13の習慣

 

 

エネルギーは有限だ。気づき友達と縁をきるまでの道のり 

長年仲良くしていた友人がいました。お互いに親友だと話し、しかし相手が恋愛依存のため彼氏とうまくいかないときは仕事ができなくなるくらいの精神ダメージをうけ、倒れたなどといって長文メールなどがきました。そのたびに、本気で心配して、彼女の話をききました。ときには三時間くらい。

しかし彼女はアドバイスは聞く気がなくて、
単に愚痴を聞いてほしいだけなんですね。
なので、状況はかわらず。また理想やこだわりが強いため我慢ができない人でした。こちらの精神も本当にダメージだった。

こちらの話は一切きかない。
会うと彼氏の愚痴ばかりで彼女の一方的なマシンガントーク。次の日高熱がでた。
人のことを小馬鹿にしてくる
なんでもやってくれると思い、IKEAにいきたい、アレがほしいなど自分が彼氏の代わりになっていった。

ある日彼女がクリスマスパーティーやりたいから開いてというので、うちで開いた。
そしたら、彼女の持ってきたものが全部賞味期限のきれたものばっかりで、ひとつもたべられるものがなかった。本当に非常識だ。
失礼だ。
しかし、せっかく持ってきたものなので
なにもいわずうけとった。うちはゴミ置き場ではない。

ある日彼氏とうまくいかないので、突然休みの日に家にきた。旦那のいる前で彼氏の愚痴を話したあとであとで帰ってから 旦那さんいるとハナシズライといいだす。何を言ってるんだか。

誕生日プレゼントを渡した。
気に入らなかったようでなにこれ~と一緒にいる友人にまでいう。更にこのあと、~の店いく?そこで何か買ってよと。
もうこれはダメだ。
こちらは失業保険をもらってる身だ。それでもエネルギーを使い、お金をつかい、レストランも予約してケーキのサプライズまでした。
そもそもプレゼントは0の状態からもらうものだ。
彼女は何を勘違いしているのか。あなたの100%欲しいものをもらえると思うな。


何より私はあなたの彼氏じゃない。
もっと自分を大切にしようと思い、彼女とのエネルギーは無駄だと思い縁をきった。

人のエネルギーは有限だ。

彼女は自分だけしか興味がなく、自分のことを分かってない人に怒りを覚える性格なのだ。
私には私の人生がある。

アラフォーでいまだ実家暮らしで家にお金も入れてないとは、やっぱり難ありだと思う。
そういう人に育ってしまい、本当に自分の欲しいものばかりを優先するのだ。

同じレベルの人間になってはいけない。
人間はプラスの方向に歩いていくべきだ。

先輩は敬わない

だって先に死ぬもんね

もちろん尊敬する人は別ですよ!

だから、そうなれるようにありたいですよね~

何はともあれ修行です

この世界、実力がものをいいのです

優先席とヘルプマークの認知のなさ

私は腕が片方ないので、ヘルプマークをつけている。

優先席に座っても白い目でみられないように。
しかし、優先席はルールではなく、あくまで乗客のマナーに委ねられている。

そのため、ほとんどの場合は席を変わることはない。

電車の中は社会の縮図だと思う。

もしかしたら、みえないだけで、あの若者もサラリーマンも疾患があるのかもしれない。
それは本人のみぞしる。

座らせてもらいたいからヘルプマークをしているわけではない。
危ないとき、片方しか掴めないので
バランスを崩して他の人に迷惑をかけるのが嫌なのだ。

外にでるなという人もいるかもしれない。

なるべく外にでないようにしている。
電車に乗らないようにしている。
大好きなコンサートにも行かなくなった。

それでもやむを得ず出かけることはある。

ヘルプマークも優先席も 意味がないと思う。
これだけみんなの意識が低ければないのと同じだ。
むしろない方がいい。

なぜなら、意地悪する人がいるからだ。
これはヘルプマークをしている人なら感じたことがあるかもしれない。

わざと座らせない人までいる。
嫌みに感じてる人もいる。

私は人間が嫌いだ。

おじさんはなぜ勘違いするのか

人類には特別な例を除いて、二種類の人間がいます。
男と女です。
この二つの性は、まるで宇宙人と話しているかのようだというくらい違うといいます。

果てして本当にそうでしょうか?
確かに、昔からの生活において必要性が違います。これは、もう身体の作りであって性格を変えるようなものではありません。

どうにもならないこと。

こういった、どうにもならないことを
例えばホルモンの違いと過程すると、

生存本能のため、などと強制的に理由を当てつけるのは簡単です。

男性の性衝動についてです。

おじさんとそうじゃない違いというのも
なかなか難しいですが、こういった本能を理由に脳を支配されている人が[おじさん]だと思っています。

例えば、電車で足を二人分開くことや
セクハラ発言をしても、我慢しろとか、セクハラじゃないとかいってしまうような神経を持ち合わせている男性です。

これは女性にも当てはまります。

自分の理性を、守りきれるかどうか
これは人間の骨頂でしょう。
人間であるから、人間であるために
これができるのです。

そうやって守っていけば、地球規模で
もっと人類がよくなっていくのではないでしょうか?

世の中お金に対してpiggyです。
それと同様に特にバブル時代を経験してる人はpiggyでしょう。

なるほど、どうにもならないけど、何とかなるだろう。そういった考えが主になっているからです。

人間は、もっと意義のある存在なのに
こういった殺伐とした社会の中、支配したくなるのは当然かもしれません。
しかし、
それを皆がしてしまうと、今の世の中が出来上がってしまいます。

私はいままで、沢山の[おじさん]に嫌がらせを受けました。セクハラですね。

電車で無理やり連れ込まれたり、
駅で胸をわしづかみされたり、
(電車が多いですね)お風呂をのぞかれたり、数えたらきりがありません。
外に出るのも本当にこわいです。

何が[おじさん]を勘違いさせるのでしょうか?
私には分かりません。
なるべく勘違いされないよう、笑わないようにとか
返事をしないとか
色々ありますが、寄ってたかってくるんですよね。

とにかくおじさんは構って欲しくて仕方がない生き物です。隙を見せたら、ぐいぐいきます。

勘違いさせたらアウトです。
それに彼らはなぜかいいようにとってしまいます。

拒否してるのに、受け入れられたと勘違いします。

おじさん、この生き物は私にとっては
本当に厄介です。

何かと理由をつけて触ってきたり、近づいてきたり、下ネタをいったり何とか隙間に入ろうとします。本当に見苦しいpiggyです。

おじさん、勘違いしないで。

性の衝動がとめられない?

ある人にいわれた。
もう60歳を過ぎるのに性の衝動がとめられないと。結婚してるけど、女性が大好きで止められないと。 どっか店でもイケや。
他人に迷惑かけてんじゃねーよ。
年齢は関係ない。何をその年で学んできたかってことだ。
オマエ、もっと熟考しろよ。
ことある事に女のせいにしてんなよ。
やられた側にも非があるなんて、いわさねぇぞ。
欲のまま行動してるオマエが  

この世の中の人間としての全体の価値を下げてるんだよ。
いい加減にしろよ。

性の衝動がとめられないとかいってる男は
金を払って店へいけ。
オマエの欲に巻き込まれるのは、もうごめんだ。
本当に勘弁してくれ。